●創刊号(1996/11/25)――【7面】◆名医が説く本物の漢方医学を会得する心得
最高のものに接し、一流に学ぶ

金匱会診療所・所長
医学博士
山田光胤先生

本名 山田照胤
 1924(大正13)年東京生まれ。
 幼少期に慢性病に苦しみ、現代医学の病院で見放され、最後に大塚敬節氏によって救われる。
 第二次世界大戦中、陸軍士官学校に学ぶ。
 戦後、医学を志し1951年東京医科大学卒業。
 1958年東京医科歯科大学にて医学博士の学位取得。
 東京医科歯科大学では宮本璋教授について生化学を学び、島崎敏樹教授について精神医学を修める。漢方医学の師は大塚敬節氏。大学より在学中より指導を受ける。宮司の資格を持つ神主でもある。
 現在、医療法人金匱会診療所所長、日本東洋医学会名誉会員、日本漢方医学研究所理事
 著書は「漢方処方 応用の実際」(南山堂刊)他多数






注1:「漢方診療医典」
南山堂刊、大塚敬節、矢数道明、清水藤太郎共著

注2:「漢方医学」
創元社刊、大塚敬節著

注3:「日本漢方医学研究所」
(社)日本東洋医学会を母体として設立した漢方医学者の育成機関、漢方を勉強したい医学者、薬剤師などのために講座を開いている。山田氏も講師を務めている(詳細は今号3面・12面)

注4:「日本漢方協会」
薬剤師を中心とした組織だが、一般に対しても講座を広く解放しており、漢方医学の普及に貢献(詳細は今号2面・12面)

line.gif 山田光胤先生が語る「漢方医学の学び方」


 漢方医学復興の祖の一人として知られる、往年の名医故大塚敬節医師に主従し漢方医学を修めた山田光胤医師(金匱会診療所所長)に、本物の漢方を体得するために必要なことなどについて聞いた。幼年期に大塚医師によって救われ、みずからも漢方医を目指したが、当時の医学界は漢方にとっては不遇の時代。漢方に関する情報は少なく、専門の教育機関もない。こうした時代にいかにして本物の漢方医学を体得したのだろうか。
(聞き手:太田聡)




 ―― 今ではどこの薬局に行っても漢方製剤は手に入れられるし、漢方薬を処方している医師も少数派ではありません。しかしながら本物の漢方を処方してくれる医師、薬局となると非常に絞られるのが現状です。本物の漢方を会得するためには、どうしたらよいのでしょうか。

 山田 良い本を読むことです。漢方に関する解説書はあまた刊行されていますが、本物といえば大塚先生、矢数先生共著の「漢方診療医典」(*注1)などがあげられるでしょう。実際の診療に関する方法を示した物としてはわかりやすく、全方位的でもあります。一方、漢方の神髄を知りたい、哲学的に漢方に関しての知識を深めたいというなら同じく大塚先生の「漢方医学」(*注2)が最も優れています。いずれにしても、大塚先生、矢数先生など一流の専門家が書いた書物に頼ることでしょう。また漢方には大きく二つの流派があります。一つは古方派と呼ばれ、1800年前の中国漢代に成立しました。当時の書物「傷寒論」「金匱要略」は現在でも漢方医学の原典として読まれています。主に薬物による療法を表した物です。もう一つは後世派と呼ばれる物で、約1000年前、宋、金代に確立しました。鍼灸の理論の基にもなっている物です。両方を勉強するのがいいでしょう。

 ―― 漢方を習う心構えとしては、どのようにあるべきなのでしょうか。

 山田 現代医学とは違う、医学、医術なんだということを認識するべきでしょう。漢方は成り立ちから、考え方から診療の仕方まで西洋医学とは根本から異なります。どんな症状があるとなんという病気で、それにはなんというクスリが必要だという知識を覚え込むものではなく、漢方による治療はその人の全てを判断することから始まります。私がタクシーに乗ったときに、運転席にいる乗務員の体調を言い当てたら、彼は非常に驚いていました。様々な検査機器を駆使して診断する医学に馴れた現代人には、それが理解の域を越えたもののようです。

 ―― 漢方を学ぼうとする人が、まず最初に知りたがるのがどのような症例にどのような漢方薬が効くか、ということのようです。西洋医学的診断に基づいて、薬の一種として漢方薬を処方する。いわゆる「病名漢方」が今の漢方薬を使った医療の現状です。何とかこの現状を打開できないでしょうか。

 山田 それは仕方のないことだと思います。漢方を学ぶ本当に良い方法は、良い医師について最低10年ほどはじっくり手法を学ぶことです。しかし縁がないとなかなかそういった環境に恵まれません。そもそも本当の漢方医がまだ少ない。日本の医者の8割が漢方薬を処方しているといわれますが、本当のところ専門医と呼べるのは全国でも100人ほどではないでしょうか。明治期に西洋医学のみを医療として認め、漢方医学が否定されてから近年まで、ほとんどわずか数人が漢方を伝えてきました。学ぶ機会が限られていたのです。今では、(財)日本漢方医学研究所(*注3)で毎月講習会を開いているほか、薬剤師が中心の団体である日本漢方協会(*注4)などで講習会を開いており、徐々に漢方に関する教育も浸透しています。



●質の良い漢方生薬を見分けるには

 ―― 最近は質の良い漢方生薬が減っているといいます。本物の漢方を志すのに、生薬の善し悪しは欠かせません。良い生薬を見分ける方法というのはあるのでしょうか。

 山田 それは大変大切なことです。生薬が良くなければ、いくら処方しても効きません。性質が安定している現代の化学薬品とは異なり、漢方の世界で生薬の品質は忘れられてはなりません。漢方を志す上で、いい物を見分ける目は養わなければなりません。良い物は見た目や香りでわかりますがやはり経験です。以前に美術品の鑑定士に聞いたことがあるのですが、美術品の真贋、善し悪しを見分けるのには、とにかくいい物をたくさん見ることだそうです。そうすれば自ずと良い物の見分け方がわかるといいます。生薬もこれと同じことがいえるようです。

 ―― 先生は漢方医の中でも大家といわれます。漢方薬の勉強を始めた当時、今よりもずっと現状は厳しかったはずです。なぜ漢方医学の道に進み、その世界の大家と呼ばれる医師にまでなれたのでしょうか。

 山田 幼年時代に大病にかかって、様々な病院に通ったのによくならず、ついに7年目にして大塚先生に出会いました。このときに7年間とうとう治らなかった病が、大塚先生の手で治癒したのがやはりきっかけでしょう。最もまだ子供でしたから、そのときに漢方医どころか医師になろうとも思ったわけではありませんが。その後縁有って医大に進学すると、本格的に漢方医を志し、大塚先生に師従して、これまでひたすら漢方医学を学んできました。大塚先生という一流の師に出会ったことが全てであったろうと思います。大学生の頃、意気込んで「傷寒論」を読破したのですが、さっぱり意味が分からず大塚先生に相談したところ、先生は笑って「個人授業するから来なさい」とおっしゃいました。それ以来先生のところに日参し、ついに傷寒論の内容を理解することができました。大学では誰もこのようなことは教えてくれません。おそらく私一人ではいくら読んでも理解できなかったでしょう。また当時大塚先生の診療所に出入りしていましたが、そのときはまだ漢方に関する専門家が極端に少なく、診療はもちろん処方も大塚先生一人でやっていました。大塚先生に習って、この処方を手伝っていましたが、おかげでよい物を見分けることができるようになったものです。一流の医師に会い、最高のもに常に身近にふれていたことが、私にとって幸運だったといえるでしょう。 



金匱会診療所

 1957年、当時衰退していた漢方医学の再興を願う中将湯(現ツムラ)の津村重舎社長(当時)が自社ビルにもうけた「中将湯ビル診療所」が発祥。初代所長は大塚敬節氏。その後、診療所を現住所に移転し、名称も金匱要略からとった現名称に替え、山田光胤氏が跡を継いだ。

所在地◆中央区八重洲1-6-2

電話◆03-3271-8608

診療受付◆火曜から金曜9:00〜15:00
     土曜日9:00〜11:00
     休診・月曜第5土曜
*自由診療制
*要予約





『漢方医学新聞』について ★『薬害予防』総合リンク集

▲▲前の記事へ  ▼▼次の記事へ  創刊号 【もくじ】へ
健康新聞ホームページへ