・・・この「けだるさ」から、一日も早く逃れたい・・・
そんな、私です。

ある日のことです。・・・寝ていたら、突然、眼が覚めました。
時計を見たら、まだ夜中の2時頃。
それからが困りました。
どう頑張っても、どう頑張らなくても、眠れないのです。
羊なんて数えても、何の役にも立ちません。
勝手に作った「魔法の呪文」を唱えてみましたが、・・・
どんどん時間が過ぎていき、
「こりゃダメだ!!」
・・・・・
だから、決心しました。
「なんとしても、この睡眠障害解消のヒントが見つかる情報源を作っちゃおう」って・・・
 だって、そうじゃ、ありませんか。こんなに苦しい思いを解決できることこそ、「インターネットの真髄」だと思うんです・・・
2003/7月吉日




私の「睡眠障害解消」Report!
健康新聞社 編集責任者
中村 ひとし





へへ
・・






「睡眠障害解消Report(1)」2003/6月中旬頃
1. 突然やってきた「不眠」chan
(1)am:2:00頃・・・寝ていたら、突然、起きた。けだるいので、そのままぼんやりしていたら、なかなか眠くならない。羊を数えたが、まだ意識がある。・・・ネバダ・ネマダダ・ソラミ〜ヨ。・・・私が即興で作った「魔法の呪文」を唱えてみたが、もちろん効果なし。そのままずぅー〜〜っと、さらにずぅー〜〜っと、またまたさらにずぅー〜〜っと、「ぼんやり」していたら、窓の外が薄暗くなってきて、「朝」を迎えてしまった。44年間も生きてきたけど、こんなこと初めてのような気がする。その後の記憶がないので、朝、寝たようだ。
 朝7:30頃、起床。当然、睡眠不足の状態で仕事(運送業)を始めた。一日が「けだるく」、最悪の状態。その日の夜は、pm10:00頃、寝床につくなり、バタンキュー。
(2)翌日am:3:30頃・・・またまた眼が覚めた。「こりゃ、おかしいぞ」と思って、今度は腹をくくった。
「もう眠るのを、やめたっ!!」。そう決心して、起きることにした。
(3)そんなこんなで、私は、正体不明の「不眠」に悩まされるようになった。とにかく、「やるぞぉ〜!!」という活力が湧いてこないのである。これには「まいった」。



「睡眠障害解消Report(2)」2003/7月2日
2. いつでもどこでも「けだるさ」kun
(1)いろいろ試行錯誤の結果、夜中に起きることが少なくなった。ただし、まだ、「やるぞぉ〜!!」という活力が湧いてこないし、なんとなく、「いつでも眠れる」感じの「けだるさ」が続く。「このままではマズイ」と、「睡眠障害解消」総合リンク集を制作する決心をした。
(2)朝からインターネットで情報収集開始。一気にリンク集を作り上げるつもりだったけど、活力低下。情報収集のみで終わる。



「睡眠障害解消Report(3)」2003/7月7日
3. 「睡眠障害解消」総合リンク集が、できないぃ〜
(1)七夕なので、「今日こそ作り上げるぞ」と思うが、最後の活力が湧いてこない。17:00頃、あまりの「けだるさ」に仮眠をとる。19:00頃、かかってきた電話で起きる。悪戦苦闘するものの、どこか「けだるいまま」に、一日が終わる。22:30頃就寝。寝付きは良いのだが・・・。



「睡眠障害解消Report(4)」2003/7月8日
4. 情報を整理し、「気分転換」へ
(1)朝7:00起床。夜中に眼が覚めることもなかった。ただし、まだ少し「けだるい」。活力も通常の50%程度しか湧いてこない。
(2)ようやく今、10:15。このレポートを実際に書いている。これまでの経緯「Report(1)〜(3)」は、今、思い出しながら書いたので、正確さに欠けるかもしれないが、お許しを・・・
 ここでこれまでの私の「睡眠障害」について整理してみると、以下のようになる。

●6月中旬・・・・・突然夜中に起きて、眠れなくなる。
●3日後位・・・・・なんとか睡眠は確保するが「けだるさ」が抜けない。
●7月上旬・・・・・「睡眠障害解消」総合リンク集の制作開始。まだ「けだるい」。
●7/8現在・・・・・まだ「けだるい」し、「いつでも眠れる」感じ。

 「けだるい」「けだるい」って書いていると、だんだんつらくなってくるので、ペンを置き、散歩してきまぁ〜す。ではまた。11:02。



「睡眠障害解消Report(5)」2003/7月8日-その2
5. 「悪循環」の仕組みに気がつく
(1)散歩のあと昼食をとり、またまた睡魔に襲われ、13:30〜14:30まで昼寝。・・・「こりゃいよいよ病気かなぁ〜っ!!」と思い始めたときに、「そうだ、自分でそう思うこと自体が良くない」ことに気がついた。つまり、昼食後に眠くなるのは当然で、昼寝はGood!!。何にも悪くない。
 「けだるい」という気分も、「けだるい」「けだるい」と思うことでさらに「けだるく」なってしまう。・・・そこで、気持ちを切り替えることにした。

■いろいろと情報収集していると、自分の状態が「病気(うつ病による睡眠障害)」に当てはまる部分があって、心配になる。その「心配」がさらにまた「不安」や「心配」を生み出しているような気がする。
■そもそも人間は、喜怒哀楽があって当然で、苦しい時もあれば楽しい時もある。苦しい時が続くと「気分がふさぎがちになる」のは当たり前で、いろいろと思い悩むから夜に熟睡できていないのだろうし・・・ だから「けだるい」し、睡魔が突然襲ってくる。・・・こりゃ自然の反応で、当然のこと。
■大切なことは、その「苦しみ」「心配事」を具体的にどうやって解消していくか、だ。
■そのためには、「元気」が必要。「元気」じゃないと、「活力」が湧いてこない。
■よ〜し。わかった。な〜んにも考えるのやめたっ!! とにかく今は「疲れている」みたいだから、休む!!。こんな疲れた状態でジタバタしたところで、何も解決するはずがないからね。・・・ではまた、おさらばッ!!。15:29



「睡眠障害解消Report(6)」2003/7月8日-その3
6. がっはっは
(1)それからの数時間を、日曜大工で過ごした。・・・考えてみたら、最近の私は、公私ともに複雑な問題を抱え、身も心も「休む」ことがなかったようだ。・・・「ノコギリを引き、アイデアをふくらませていく」という作業をしているうちに、こうした諸問題をまったく忘れることができた。そして、いつのまにか「外が真っ暗」になっていて、作業を止めたときには、すでに「けだるさ」なんて、どこにもない。むしろ、ジワジワと「やる気」が湧き出てきている。
(2)・・・・・ようやく「けだるさ」からの脱出に成功した今、すべてが何となく見えてきた。
■今、複数の諸問題を抱えて困っているが、さんざん考えても解決策が見出せない以上、さらに深く考えても始まらない。
■この瞬間を生きている以上、この瞬間に「できること」は、一つしかない。
■いま「悩む」ことで問題が解決するならば、大いに「悩む」べきだろう。でも、「さんざん悩んでも解決しない」のが、まぎれもない現実だ。
■つまり、「将来を不安がっていろいろ悩む」くらいなら、小さなことでも「今できることを実行する」ほうが、はるかに有意義だ。
■今の私にできることは・・・「明日の活力を蓄えるために、ぐっすりと眠る」・・・こと。
■だから、おやすみなさいッ!!!。23:44



「睡眠障害解消Report(7)」2003/7月9日
7. フッフッフ
(1)朝7:00頃、軽快に起床。今日は一日「運送業」の仕事で走り回り、さきほど20:30頃帰宅。食事と風呂のあと、ホームページの更新作業を終えて、現在22:49。もう最高に疲れていて、目をつぶったら、即、寝てしまうような状態。・・・もう限界。寝る!! ばたん、きゅぅー。











へへ
・・


一人でも多くの人が「安眠」できるよう、
あなたの「睡眠障害解消法」を教えてください。
(有意義なものは、公開させていただきます)


お名前:

年齢:性別:

ご職業:

電子メール:(半角40w)

私の「睡眠障害解消法」
(全角1000字以内)








へへ
・・





「睡眠障害解消」総合リンク集 に戻る

【HOME PAGE】


Created by Hitoshi Nakamura



編集責任者 健康新聞社・情報発信記者 中村 ひとし