100人の一般市民が認めた「逸品」

 
──『100認の逸品』イエローページ──
日本が誇る世界の逸品!!



へへ
・・



私が「健康新聞」ホームページを運営していて、とにかく頭を痛めていた課題は、「どうすれば、本当の本物と、そうでないものと、決定的な差別化がはかれるだろうか?」ということでした。

それが、あるとき、「フッ」と私の目の前を通り過ぎて行った「言葉」といいますか「考え」といいますか、とにかく、何やら怪しげな「声」が聞こえて来たのです。

「販売に全く無関係で、利害関係のない消費者が、『だまされたつもりで、とにかく買ってみてッ!!』と他人に勧めるモノであれば、ホンモノの候補かナ。もし、そんな人が100人もいたら、そりゃあ決定的だワナっ」と・・・

その声の正体は、わかりません。おそらく、バカづらノーテンキでボーとしていた私に、「私の心の声」がイタズラしたのかもしれません。

ともかく、hitです。当たりです。渋い渋いシングルヒットです。だけど、思い詰めていた私にとっては、ホームランに相当するものでした。「これだッ!!」と感じるやいなや、次の瞬間には、タイトルを考えていました。

「100人の消費者が認める世界の逸品」・・・こりゃ長すぎる・・・「消費者100人が認める逸品」・・・まだまだ・・・う〜ん、略して「100人の逸品」・・・これじゃわからんッ・・・そうだッ「100認の逸品」!!!!

と、産まれてきたのが、このホームページです。

私ひとりでは、たいした眼力ではありません。しかし、一般市民100人の眼力は、それはそれは「ド迫力」ものです。商品選択の「ひとつの目安」としては、結構イケてるかもしれません。

どうぞ、このホームページを、末永くごひいきにッ!! よろしくお願いいたします。


1999年11月2日
株式会社健康新聞社 主幹
中村 ひとし



へへ
・・



申請希望のかたへ 100認の逸品」へ なんでもご意見箱



編集責任者:中村 ひとし

本ページの累積延べ訪問者数

《since1999/9/25》

サイト内の累積延べ訪問者数

《since1996/7/4》