写真物語(有機裁培・体験手記)−1
Yuki Deluyo!

ついに、収穫だッ!!


へへ
・・


1997年7月5日
ついに、今年の「じゃがいも」の収穫の日を迎えた。

昨秋、大自然の「落ち葉」を主体に「米ぬか」「鶏糞」を加え発酵させた『たい肥』で土づくりをして
農薬や化学肥料を一切使わずに育てた

本物の有機栽培じゃがいも


このじゃがいもを、その場でゆでること約30分。
アツアツのうちに、まず、そのまま「パクッ」と食べた。
次に、バターをつけて、「パクッ」と食べた。
ほくほくおいしくて・・・。声が出ない。
この「気持ち」、文章には、できない。

自分自身の『汗』が、極上の調味料だった。


【じゃがいもができるまで】・・・・・・つづき

▼▼体験手記(2)へ



【HomePageもくじ】


Last modified:1999/2/10
Created by Hitoshi Nakamura



編集責任者 健康新聞社・情報発信記者 中村 ひとし(hit@sinbun.co.jp