写真物語(有機裁培・体験手記)−4
Yuki Deluyo!

バッチリ発酵、65度!!

1998/1/21/pm14:30頃
生ゴミを約2kg投入。これぞ天然の「生ゴミ処理機」!

へへ
・・


1998/1/21/pm14:30頃
もう、バッチリ発酵。現在堆肥の中心部温度は摂氏65度。
生ゴミを約2kg投入し、ちょっとだけ混ぜる。

堆肥の状態と内訳

1998/1/21/14:30現在
堆肥は「発酵中」:中心部温度・・・摂氏65度
堆肥の材料 1/19/16:40
前回残高量
1/21/14:30
新規投入量
【落ち葉】 約260kg
【元々の堆肥】 約300kg
【雑草類】 約30kg
【生ゴミ堆肥】 約105kg 約2kg
【米ぬか】 約23kg
【発酵鶏糞】 約25kg
※堆肥重量合計は約745kg
1998/1/21/14:30新規投入後の中心部温度・・・摂氏65度

へへ
・・


1998/1/22/pm15:00頃
さらに、バッチリ発酵。現在堆肥の中心部温度は摂氏67度。

へへ
・・


1998/1/24/pm16:15頃

発酵が山を越える。現在堆肥の中心部温度は摂氏62度。
生ゴミを約2kg投入し、よく混ぜて切り返す。


へへ
・・



1998/1/31/am11:00頃

発酵温度下降中。現在堆肥の中心部温度は摂氏54度。

生ゴミを約5kg投入し、ちょっとだけ混ぜる。


へへ
・・



1998/2/2/pm16:00頃

発酵温度下降中。現在堆肥の中心部温度は摂氏51度。

生ゴミを約3kg投入し、混ぜる。

できるだけ生ゴミを混ぜ込むと発酵が早い。

発酵が進んでいるので全体が黒っぽい。1/14の状態と比べるとよくわかる。

へへ
・・



いよいよ最終発酵段階へ(つづく


【じゃがいもができるまで・・・その(3)】でした


▲▲体験手記(3)へ ▼▼体験手記(5)へ




【HomePageもくじ】


Last modified:1999/2/10
Created by Hitoshi Nakamura



編集責任者 健康新聞社・情報発信記者 中村 ひとし(hit@sinbun.co.jp