●第5号(19973/25)――【8〜9面】◆提案!『ベテラン市民医療ボランティア』
はじめの第一歩…その(1)『訪問伝達員』


弊社が、『訪問伝達員』を実践します
東京都小金井市内で、賛同者募集中!



●最終目標は…

――社会的ベテランである高齢者の「生きがい」を創出し、誰もが、健康で充実した、社会的負担の少ない、人生を楽しく過ごせることを、目指します。










●『ベテラン市民』とは…
 それまでの仕事や趣味を通じて、「ベテラン」の域に達した活躍をした人々を『ベテラン市民』と仮称しました。(年齢は不問です)



●『ベテラン市民医療ボランティア』とは…
 以前に看護婦・保健婦・医師・薬剤師など、医療関係機関に従事していた人が、地域医療における「補助的役割」として、ボランティア活動をすることを『ベテラン市民医療ボランティア』と呼びたいと思います。
 今回は、その最も身近な取り組みとして、「独居高齢患者」と「かかりつけ医師」「かかりつけ薬局」を結ぶ補助的な橋渡しをする『訪問伝達員』の実現を、提案してまいります。
 実現に当たっての、メリット・デメリット及び課題などについて、まとめてみましたので、ご覧下さい。



●『訪問伝達員』とは…
 独居高齢患者のお宅に(定期的に)訪問し、かかりつけ医師への「問診回答票」や、かかりつけ薬局への「伝達票」などを回収し、それを届ける人のことです。
 元医療機関従事者であれば、独居高齢患者との信頼関係がつくりやすいと考えます。
(※本紙1面参照)



●実際のモデルケースを推進…
 「できそうだ」ということと、「実際にできる」ということでは、大きな違いがあります。
 今回、この提案を実際に実現するために、弊社は、仮事務局を設置(株式会社健康新聞社内)。
 東京都小金井市内に限定して、まずは『訪問伝達員』として志願します。
 趣旨にご賛同いただける『かかりつけ医師』『かかりつけ薬局』の方々、どうかご協力をお願いいたします。



line.gif ●株式会社健康新聞社の中村は、週に1度ずつ、会社の「昼休み」を利用して、『訪問伝達員』として、「かかりつけ医師」「かかりつけ薬剤師」と「独居高齢患者」とを橋渡ししたいと思っています。
 もちろん、はじめは「独居高齢患者」のプライバシーを十分に配慮します。
 具体的には、「かかりつけ医師」からの「問診回答票」を週に1度回収するだけ。これを長年続けていくことで、人間関係をつくり、その後で、少しずつ、役割を拡大していくつもりです。
 果たして、5年、10年かかるかもしれませんが、とにかくスタートして、いろいろと工夫をしながら、楽しく続けることが大切だと考えます。

●もちろん、前途洋々ではありません。課題だらけです。でも、誰かが何かをしなければ、何も始まりません。
 気がついた人が、自分のできる範囲で、無理なく始めることが大切ではないでしょうか。
 自分たちの「責任」のもとで、無理なく、楽しく、誰もが「うれしくなれる」…
 そんな「試み」に、賛同していただける医療関係者を探しています。

1997年3月25日
株式会社健康新聞社
中村 斉




●『訪問伝達員(=ベテラン市民医療ボランティア)』の…

【マイナス面】
●『訪問伝達員(=ベテラン市民医療ボランティア)』のデメリット(克服課題)
1.患者のプライバシーを侵害する
2.犯罪への悪用の可能性がある
3.当事者同士のトラブルが起きる
4.訪問伝達者自身に、事故や病気が発生する
5.問題が発生した時の責任の所在が不明確である



●『訪問伝達員』のデメリット(克服課題)
 独居高齢患者の自宅に訪問するわけですから、様々な問題があります。

(1)まず、患者の病気や家族関係など「プライバシー」を侵害する可能性がおおいににあります。
(2)患者の立場は、あくまで「弱者」です。その気になれば、いくらでも悪用することができます。犯罪にもつながりかねません。
(3)人間同士のやりとりですから、いつどこでトラブルが発生してもおかしくはありません。表面化すれば対処できますが、患者の内面に抑圧され、ストレスとなることも考えられます。
(4)訪問伝達員自身が、病気になったり、交通事故に巻き込まれたりすることがあります。
(5)以上のような問題が発生したときに、「責任」の所在が不明確です。



【プラス面】
●『訪問伝達員(=ベテラン市民医療ボランティア)』のメリット(短期達成可能)
1.ベテラン市民同士で交流(仲間づくり)できる
2.独居高齢患者の健康支援ができる
3.生きがいを創出できる
4.「かかりつけ医師」を補助支援できる
5.「かかりつけ薬局」を補助支援できる



●『訪問伝達員』のメリット(短期達成可能)
 デメリットさえ克服できれば、良い面は、たくさんあります。

(1)これに関わる人々は、同じ志を持っているので、とても素敵な仲間づくりができます。
(2)独居高齢患者の健康維持におおいに役立ちます。
(3)信頼関係が増せばうれしくなります。「生きがい」が生まれます。
(4)地域医療における「かかりつけ医師」を補助し支援できます。
(5))地域医療における「かかりつけ薬剤師」を補助し支援できます。

 人間は「何かの役に立っている」とき、心身ともに充実するものです。気の合う仲間がいて、「生きがい」もあって…、これが、どれほど病気予防に役立つか、はかりしれません。



【将来展望】
●『訪問伝達員(=ベテラン市民医療ボランティア)』のメリット(長期目標・展望)
1.老人医療費を削減できる
2.市民参加型「介護制度」が確立する
3.ベテラン市民の雇用促進につながる



●『訪問伝達員』のメリット(長期目標・展望)

(1)健康な人が増えれば、当然、老人医療費が削減できます。
(2)お互い「持ちつ持たれつ」の関係をつくることは、充実した「介護制度」へのきっかけとなります。
(3)長年続けることにより、専門的な「介護知識」が身に付くかもしれません。正式な技術を身に付けて、仕事とすることも不可能ではありません。






★今回は『訪問伝達員』の役割を考えてみましたが、世の中には『ベテラン市民』を必要としている人が大勢存在するはずです。
 例えば『ベテラン市民大学』をつくって実践的な「知恵」を伝達したり、ベテラン市民が『人生相談員』になったり、客観的監視機関をつくったり……。
 こうして、第2、第3の人生をおおいに楽しみ、「生きがい」をもって生活することを、『ベテラン市民』が自ら考えていけるのではないでしょうか。

●『ベテラン市民クラブ』、今後のタイムテーブル(案)
1. 全体のプラン作成と協力賛同者を募集。
2. 『訪問伝達員』モデルケースを実践、「かかりつけ医師」と「訪問伝達員」と「独居高齢患者」との信頼関係を築きあげる。
(様々な問題点や課題などを克服するための試行錯誤)
3. モデルケースを基にノウハウを確立。
全国各地で同様に推進する。
4. 「医療ボランティア」の役割を拡大し、老人医療費の削減、市民参加型「介護」制度を確立する。
5. 地域ごとに『ベテラン市民』が集まり、それぞれのできる範囲で新しい企画に取り組む。
(例)ベテラン市民大学、ベテラン市民相談センターなど
6. 全国各地の『ベテラン市民』の実践活動を情報交換しながら、各種ノウハウを確立。
様々な「生きがい」と「雇用」を自主的に創り出していく。




★お問合わせ・ご意見・ご賛同をお待ちしています

仮事務局:TEL042-380-7115
〒184-0004東京都小金井市本町1-5-11-101 株式会社健康新聞社内
『ベテラン市民クラブ・仮事務局』
――中村まで



★この「試み」は、すべて手弁当。報酬はなく、政治、宗教、思想活動とは一切無関係で、実践してまいります




『漢方医学新聞』について ★『薬害予防』総合リンク集

▲▲前の記事へ  ▼▼次の記事へ  ▲▲関連記事1頁へ   【ホームページ】