●第6号(1997/4/25)――【14面】ハーブ&アロマテラピー
ローマンカモミール
婦人愁訴・不眠

取材協力:林真一郎氏(薬剤師)


line.gif 【ローマンカモミール】
キク科。イタリア、ドイツなどが主な産地。精油は10mlで5,000円前後。


●用途
「母の薬草」という俗名を持つ通り、主に中年以降の女性の愁訴に対し使われる。イライラ、生理痛、更年期障害など、ホルモンバランスの崩れたときの症状によいとされる。

精神作用:イライラ、落ち込み、鬱状態。

身体作用:冷え、生理痛、不眠。腰痛。頭痛など。

特殊用途:リラックス。


●使い方
1)吸入
落ち込んでいるとき、鬱状態の時、イライラしているとき、ストレスがたまりリラックスしたいときに深く吸い込む。

2)マッサージ
生理痛の時にはお腹、背中を、不眠の時には首、肩をマッサージ。

3)入浴
冷えがあるとき、リラックスしたいときに。


●ローマンカモミール、ローマカミツレ、ローマカミルレなど言い方がさまざまあるが全て同じ。ただし単に「カモミール」「カミツレ」「カミルレ」という場合は「ジャーマンカモミール」のことが多い。これは別の種類。イタリア、ドイツ各地に群生しているが、かえって栽培には向かない。豊富にあるもののとれる精油の量が少ないため多少値が張る。母の薬草、母のお茶などの学名、俗名があり、昔から中年以降の女性の愁訴に使われていた。ユーカリとブレンドすると、ユーカリの強い刺激臭がマイルドになり使いやすい。








●アロマ初心者向け「お試しセット」●



『漢方医学新聞』について ★『薬害予防』総合リンク集

▲▲前の記事へ  ▼▼次の記事へ  第6号【もくじ】へ